スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

暁の来客

『ルイゾワ・ルヴェユール』
エレゼン族の初老の男性。シャーレアンで設立された『救世詩盟』の盟主。
遠き北方の孤島にて研鑽を積んだ賢人であり、あらゆる知識、万物の理に通じているといわれている。
同じく賢人としての知識を持った双子の孫がおり、また、元救世詩盟のメンバーとは、深い関わりを持つ。

カルテノーの戦いにおいて、蛮神バハムートの封印に失敗し、最後の破滅の瞬間
ルイゾワは十二神の一柱、時と空間を司る神『アルジク』の力を用いて
新生の未来へと希望を託すため、一握りの冒険者を、次元の狭間へと送り出す。
その後後行方不明となったが、彼の杖だけは、今も暁の血盟本部に飾られている。

[暁の来客]の続きを読む

テーマ:新生FF14エオルゼア - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2014/03/17(月) 19:49:59|
  2. 妄想エオルゼア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

森からの帰還

『精霊評議会』
都市国家グリダニアにおける国権の最高機関。現議長はカヌ・エ・センナが務めている。
幻術士ギルドを下部組織として従え、精霊評議会の決議内容は、各ギルドを担当する幻術士たちを介して国内組織に伝達される。
さらに、幻術士ギルドの下に神勇隊および鬼哭隊が組織される。

元々、双蛇党の統合司令部とは対等の関係とされていたが、現在は、カヌ・エ・センナが双方の責任者を兼任しているため
実質的に、彼女が国家元首の役割を果たしていると言えるだろう。

[森からの帰還]の続きを読む

テーマ:新生FF14エオルゼア - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2014/03/18(火) 23:27:33|
  2. 妄想エオルゼア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タタルの悲鳴

『カヌ・エ・センナ』
国是を占う3人の大神官のひとりにして、国権の最高機関『精霊評議会』の議長。
有角の神童『角尊』を多数輩出してきた名門センナ家の長女に生まれ、山火事やいなごの襲来を預言し、若干6歳にして神官に任命された。
長じて大神官を拝命した後は、木々の声を聴かんと妹弟と森に籠もる生活を続けてきたが、相次ぐ国難に下山を決意。
グランドカンパニー『双蛇党』を設立し、自らが党首の任に就く。
人物像は、おっとりとして見えるが、有言実行の女傑、と評されており、兵士達からの人気も高い。
モットーは「赤心の前に道は開ける」。銘木の枝「クラウストルム」を愛杖とする。

余談だが、おでこ全開の髪型に、一部熱狂的なファンがいるとかいないとかいう噂である。

[タタルの悲鳴]の続きを読む

テーマ:新生FF14エオルゼア - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2014/03/19(水) 23:28:34|
  2. 妄想エオルゼア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

森からの来訪

『角尊』
グリダニア、黒衣森で見られる、頭に角を持つヒューラン族「有角の神童」と表現される。
精霊の加護を受けた者、であり、永遠に老いる事はないと言われている。
森に住み、森の精霊と対話し、幻術士であると同時に「白魔法」の監視者であり、白魔法を継承する「白魔道士」でもある。
街中でよくすれ違うという程、普通に見かける機会はないが、四六時中森にいるわけではなく
時に街に訪れたり、市民と言葉を交わす機会はそれなりにあるようで、市民からは尊敬と親しみを持たれているようだ。
また『カヌ・エ・センナ』『エ・スミ・ヤン』等、要職に就いている者は、広くその姿と名が知られている。

角尊の起源に関しては不明な点が多いが「センナ家は角尊を数多く輩出している」
と言われていることから考えると、出生には血縁その他外的要因が影響を与えているのではないかと想像される。

[森からの来訪]の続きを読む

テーマ:新生FF14エオルゼア - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2014/03/20(木) 21:52:35|
  2. 妄想エオルゼア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

不吉な気配

『ハイブリッジ』
ウェルウィック新林地区とドライボーン地区の境界となる深い谷にかかっている橋。
元々は先の霊災でできた亀裂を渡るためにかけられた橋だが
建設中に遺跡が発掘されたため、巡礼の新名所として、観光収入を期待し投資する商人もいるようだ。
また、橋周辺にも施設が建造され、規模が大きくなった現在は、飛空艇の発着場としても使用されている。

[不吉な気配]の続きを読む

テーマ:新生FF14エオルゼア - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2014/03/24(月) 23:45:18|
  2. 妄想エオルゼア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

橋上の証言

『ラールガー』
彗星と破壊を司る男神にして、都市国家アラミゴの守護神。
雷属の神力を有し、霊四月の運行を務める。
通説では星神ニメーヤの僕であり、工神ビエルゴと戦神ハルオーネの養父と解釈される。
黄銅の杖を持った怜悧な魔法使いの姿で描かれ、流星を象徴として表されることが多い。

第六霊災の時代に活躍した十二賢者の一人「賢者アルドバル」は、ラールガーの化身とされており
絵画や彫刻で描かれるラールガーの姿は、巨漢の戦士であった「賢者アルドバル」がモデルだと言われている。

[橋上の証言]の続きを読む

テーマ:新生FF14エオルゼア - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2014/03/25(火) 22:53:24|
  2. 妄想エオルゼア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

リトルアラミゴへ

『アラミゴ』
アルデナード小大陸の東端、高地ギラバニアを領していた軍事都市国家。
歴史的に争いの絶えない土地柄であったためか、軍事強国として発展。西方への進出を狙うとともに、東方からの侵略を幾度となくはね除けてきた。
しかし、第六星暦1557年、ガレマール帝国の侵略を受けて陥落。以来、帝国の属領「アラミゴ準州」として、占領統治を受けている。
かつては破壊の神ラールガーを守護神としていたが、準州総督府の意向により、現在、その信仰は禁じられているようだ。

故郷を追われたアラミゴの民は、各都市国家に流浪しており、特にウルダハでその姿を見ることが多い。
また、一部の者は都市国家内に住居せず、同胞のみで村落を形成している場合もあるようだ。

[リトルアラミゴへ]の続きを読む

テーマ:新生FF14エオルゼア - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2014/03/26(水) 23:59:59|
  2. 妄想エオルゼア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

よそ者たちの奮闘

『リトルアラミゴ』
ザナラーン地方には「メサ」と呼ばれる独特な形状をした岩山が存在する。
多くは中空となっており、内部ではいくつかが連結していたり、洞窟で繋がっていたりする。
東ザナラーンにある、メサ内部の洞窟を利用した集落が『リトルアラミゴ』である。

祖国アラミゴがガレマールにより陥とされてから、アラミゴの人々は難民となって多くはウルダハに流れ着いた。
しかし、他国家の人々であるということを理由に様々に虐げられており
アラミゴの民の矜持を保ち続けている者達が、捲土重来を期すべく雌伏の時を過ごす場所として選んだ地が『リトルアラミゴ』という名の集落となった。

不滅隊が、食料等の支援を行う事で、アマルジャ族へ対抗するための拠点としての逗留を認められているが
決して友好的と呼べる関係ではなく、それ以上の交流や支援は進んでいないのが現状である。
故郷を失ったアラミゴの人々が、再び立ち上がり、誇りを取り戻せる日は来るのだろうか。

[よそ者たちの奮闘]の続きを読む

テーマ:新生FF14エオルゼア - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2014/03/27(木) 23:55:07|
  2. 妄想エオルゼア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

そこに故郷の形見はあるか

『アラミゴ解放軍』
かつて、エオルゼアにおいて6大都市一の強国と呼ばれた都市国家アラミゴは、ガレマール帝国によって滅亡した。
しかし、祖国を失っても、生き残ったアラミゴ人達の誇りは失われていなかった。
ガレマール帝国から祖国の奪還を目指すため、彼らが結成したのが『アラミゴ解放軍』である。

しかし、圧倒的な物量をもつ帝国に対し、解放軍は小規模のゲリラ戦を強いられ、満足な戦果を上げる事ができなかった。
国内に問題を抱える三国からの協力も得られず、遅々として進まぬ奪還作戦に、兵士達は疲弊し、次第にその活動規模も縮小されていく。
現在、解放軍は正式に解散されてはいないが、実質的な活動はほぼなく
都市に身を寄せ難民となる者、リトルアラミゴを頼り再起を願う者等、各員も散り散りになっている。

[そこに故郷の形見はあるか]の続きを読む

テーマ:新生FF14エオルゼア - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2014/03/28(金) 23:23:57|
  2. 妄想エオルゼア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

異邦の絆

『クォーリーミル』
黒衣森南部森林、沈黙の花壇地区の中心地にある集落。
「石切場の水車」を意味する「クォーリーミル」という名の通り、元は建築用石材を確保するための水車場だった。
現在は、周辺の森に密猟者や盗賊団が現れる事からか、警備兵の数も多く、建物も堅牢である。

古くから審判の地とも言われており、黒衣森に流れ着いた外つ国の稀人は、クォーリーミルで一晩を過ごし、聖霊の審判を受ける。
聖霊に許容された者は森に住むことができるが、拒否された者は、森から去らねばならない。
それが、この森で暮らす者の古よりの掟だとされている。

[異邦の絆]の続きを読む

テーマ:新生FF14エオルゼア - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2014/03/31(月) 17:46:02|
  2. 妄想エオルゼア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
前のページ

プロフィール

Reno'a Are

Author:Reno'a Are
Server:Carbuncle

↑応援ボタンだよ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ご案内 (1)
妄想エオルゼア (509)
愉快な仲間達 (8)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

来場者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。